一眼レフカメラ初心者が、試行錯誤しながら動物の写真を撮っていくブログです。


by 山尾あや乃

プロフィールを見る
画像一覧

問い合わせ

検索

カテゴリ

全体
のいち動物公園
野生動物

高知のこと
他の動物園

最新の記事

第2回ご当地キャラまつりin..
at 2015-09-25 16:00
飼育員さんの地道な努力。
at 2015-09-03 23:00
第24回のいち動物公園フォト..
at 2015-08-30 17:00
プレーリードッグのポッキーゲ..
at 2015-08-24 01:00
わんぱーくこうちの動物たち ..
at 2015-08-16 23:00

以前の記事

2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月

画像一覧

その他のジャンル

ニホンリスの撮影が難しい…。

e0346063_22370966.jpg

ニホンリス(栗鼠)

日曜日。
いつもはケージ越しにしか見れないのいち動物公園のニホンリスも、
日祝だけはケージに入って間近で観察ができるんです。

通称、リスの小道。
日曜日に来園した時は、必ずお邪魔してしまいます。


ニホンリスのエサ(食事)

おっと、この子たち、意外と美味しいもの食べてますよ!
リンゴ、サツマイモ 、ニンジン、ドングリ…
あとクルミ、ドックフード、落花生、煮干。
ドッグフードが公式のご飯って何だか凄いっす。


好物のクルミを食べるリス

セミの鳴き声のような「ジジジ…」という音と一緒に
空からポロポロとクルミの殻がこぼれてきます。
色んな食事をもらっていますが
やっぱり一番人気はクルミなのかな?
みんな一心不乱に殻を剥いてました。

ちなみにクルミは殻を剥いて食べるのに、
なんと1時間もかかるんだそう。
美味しいものほど、食べるのに手間がかかるみたいです。

ニホンリスの尾(しっぽ)
ニホンリスの尾(しっぽ)

フッサフサに見えるニホンリスのしっぽですが
光に透かして見てみると、発見!
実は身が少なくて細っこいご様子。
毛が長いんで太く見えますが、しっぽの中身自体はあんまり無いのです。
その辺りは、やはりげっ歯類。ネズミと同じデザインをしています。


別名、森の忍者とも呼ばれるリス
一からはじめる一眼レフブログ
のいち動物公園のリスの小道

それにしてもニホンリス、
食事をしている時以外は、動きがとても素早いです。
連射3枚目からは、追いかけているつもりでも、ほぼフレームアウトしています。

ぶれたくないから、シャッタースピードを500~1200に。
したがってISO感度もあげないといけないんですが
リスの小道は木々で覆われているので、基本日陰になり更に光量が足りないロケーションという…。
そんな訳で今回はISOを3200~6000、絞りを4に設定。
高感度にするとノイズが出ちゃうので、自分好みに撮るというのは本当に難しいです。

実は過去の写真は、すべてAV設定で自動撮影にしてました。
今回からマニュアルモードに初挑戦!
こうして撮ってみると、自動設定って偉大だなあとつくづく思う。
ISOと露光のバランス設定が訳わからんです。


妊娠中のニホンリス

ちなみにこの子は妊娠しているらしく、もうすぐお母さんになる予定なんだそう。
分かりにくいですが少しお腹がふくらんで、おっぱいも張っています。

ニホンリスは合鴨みたいに刷り込みとかもなく、
我が子に対する認識も低いとの事で
生みの親と育ての親が違うことが、しょっちゅうあると飼育員さんに教えてもらいました。
放置しても、別リスが子を育ててくれるおかげで
育児ノイローゼもないそうな。結果オーライ!

生まれるのが楽しみ(^^)
元気な赤ちゃんリスに、早く会えると良いなー!




[PR]
by ayanophoto | 2015-06-29 00:00 | のいち動物公園