人気ブログランキング |


一眼レフカメラ初心者が、試行錯誤しながら動物の写真を撮っていくブログです。


by 山尾あや乃

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

問い合わせ

検索

カテゴリ

全体
のいち動物公園
野生動物

高知のこと
他の動物園

最新の記事

第2回ご当地キャラまつりin..
at 2015-09-25 16:00
飼育員さんの地道な努力。
at 2015-09-03 23:00
第24回のいち動物公園フォト..
at 2015-08-30 17:00
プレーリードッグのポッキーゲ..
at 2015-08-24 01:00
わんぱーくこうちの動物たち ..
at 2015-08-16 23:00

以前の記事

2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月

画像一覧

その他のジャンル

カテゴリ:他の動物園( 2 )

わんぱーくこうちの動物たち 続き。

e0346063_20525377.jpg


皆様、お盆休みはいかがだったでしょうか。
少し間が空いてしまいましたが、今日はわんぱーくこうちアニマルランドの続きです。

こちらはサーバルキャット。
大きくとがった耳と黒のブチ模様が特徴的。
9年前から飼育を開始したそうですが、未だに飼育員さんに毎朝威嚇をしてくれるんだそう…。
なかなかのツンツンっぷりです。10年越しのデレが早くくると良いですね…!

夜行性のせいか、暑さのせいか、会いに行った時はずう~とお昼寝をしてました。
でもサーバルキャットををはじめ
ライオン、トラ、ジャガーといったモフモフ猫科たちはみんなゴロ寝タイムだったので
夜行性とか暑さ云々の前に、私のタイミング(14:00~16:00)が悪かったのかもしれない。
動物園に行くならやっぱり朝が良いです、朝。


わんぱーくこうちのニッポンアナグマ

ニッポンアナグマ君。サーバルキャットと反対に、この子はアグレッシブに獣舎をグルグルしてます。
アナグマですが熊じゃなく、イタチの仲間。
目の周りがひときわ黒いので、タヌキにも見えちゃう。
と思ったらやっぱりタヌキと同様に擬死、通称たぬき寝入り(死んだふり)をする習性持ちらしいです。

ちなみに漢字で書くと、もちろん日本穴熊。
自分で巣穴をほって暮らすだけあって、爪が長く強そう。


わんぱーくこうちのアカショウビン

アカショウビン。
私の第一印象は、にんじんグラッセでした。
…なんかクチバシの色と言い太さと言い、似ている気がして…(^^)。
ほっぺたをプクっと膨らましている姿が可愛い子です。


わんぱーくこうちのエリマキキツネザル

エリマキキツネザル。
首まわりの毛が他と比べでフッサフサなので、この名前がついたそうです。
実は絶滅危惧種らしく、野生下ではもう1,000頭以下もいないんだとか…。
シロクロのカラーリングに金色の目なのが、ちょっと格好良いです。


わんぱーくこうちのミナミコアリクイの鳴子

ミナミコアリクイの鳴子さん。
2012年8月に生まれたので、ちょうど3歳になったばかり!
のいち動物公園にもミナミコアリクイはいるんですが、わんぱーくこうちの鳴子さんとは決定的な違いが…

そう、鳴子さんにはコアリクイのチャームポイント黒色ベスト模様がないのです!

黒いベスト模様入りは南方系。
ベスト模様が薄い子は北方系。

と、種類によって色素に違いがあるんだそうです。
ミナミコアリクイ皆がみんな、黒ベストを着ている訳ではないのだ。知らなんだ。


わんぱーくこうちのインドクジャク

最後は、インドクジャク。
孔雀といえば、やっぱり羽を広げた姿を撮らねばと!
かなり気合を入れて身構えてたんですが、メスと一緒の鳥舎にいるおかげが高頻度で羽をバッサバサと広げてました。

しかし、メスの方は「ふ~ん。」という反応の一点張り。

サーバルキャット然り、インドクジャク然り、わんぱーくこうちのアニマルは何となくクールな子が多いのかも…?




by ayanophoto | 2015-08-16 23:00 | 他の動物園

わんぱーくこうちのオニオオハシ。

e0346063_12525282.jpg


高知県には、のいち動物公園のほかに
わんぱーくこうちのアニマルギャラリーがありまして
ライオンやトラといった迫力満点な動物たちがお迎えしてくれます。

この間、久しぶりにわんぱーくこうちに
足を延ばしてきたのでちょっとご紹介!
オニオオハシ~。

ライオンがいるよ!って前振りしておきながらのオニオオハシです。
名前だけ聞くと誰?となりそうな鳥さんですが
姿を見たら、あの子か!っと一発で思い出す。
あの大きなクチバシは一度見たら忘れられません。


わんぱーくこうちのオニオオハシのクチバシ(嘴)

顔のほぼ7割はクチバシに覆われてそうです、オニオオハシ。
そんなに大きいとパッと見、重そう~っとなるんですが、
実際はハチの巣のように隙間だらけの構造らしく
意外と軽いそうです。スポンジみたいな感じなんだそう。


オニオオハシのクチバシ(嘴)

そのせいか光をかざすと、ぼんやり光ってみえます。
わんぱーくこうちの鳥舎が室内にあって、比較的暗めのせいか
クチバシが熱を帯びて燃えているようにも。
魔女の使い魔っぽくて格好良い。


わんぱーくこうちのオニオオハシの食事風景

でもオニオオハシはこの豪快なクチバシに似合わず
大きな獲物を食べるのは苦手らしいです。
食事は細かく刻んだ果実が主食。
わんぱーくではフードをあげてました。

クチバシでエサを空中に放り投げキャッチして食べる。
小さな食事を一粒ずつ
投げては食べ、投げては食べ…な食事風景。器用である。


オニオオハシの目

クチバシに気をとられがちですが
目から体にかけても、不思議なカラーリングです。
青にオレンジ、黒と白。別段、警戒色という訳でもなさそうですが
熱帯系の動物たちは皆、お洒落デザインをしている。


仲良しなオニオオハシのつがい

オスメス1羽ずつなので、とても仲が宜しい感じ。
くちばし比べをしていたり、側に寄り添ってたり。


わんぱーくこうちのオニオオハシ

そして何を血迷ったか、何の前触れもなく
ごく自然な流れで相棒に噛みつくオニオオハシ殿。

「ぎえ~!」と言わんばかりに隣の子、ビックリして顔歪んでるじゃないですか。
何をやってるんだ、お前!




by ayanophoto | 2015-08-09 14:00 | 他の動物園